タバコのヤニを落としてくれる歯を白くする3つの方法

普段習慣的に喫煙をしている方は、どうしてもタバコに含まれるヤニが表面に付着し、歯が色素沈着を起こしてしまうことで黄ばんでしまう恐れがあります。一度色が染み付いてしまうとセルフケアでキレイにすることはまず不可能なので、きちんとヤニ取りのケアを行う必要があります。
まず一つ目の方法として、こまめにブラッシングを行うことです。表面に付着したタバコのヤニは付着した時点ではすぐにブラッシングで色素汚れを落とせば、黄ばみにくくなります。最近ではホワイトニング効果の高い歯磨き粉もありますのでヤニ取りを効率よく行うことが出来ます。
二つ目の方法は口内に使用することが出来る専用のヤニ取り消しゴムを利用する方法です。この消しゴムは汚れを落としやすいシリコンゴムが使用されており、タバコを吸った後のヤニ取り方法として携帯しておくと、外出先でも気軽にお手入れを行うことが出来るので便利です。ミント風味のタイプが販売されておりタバコを吸った後の口内をすっきりさせる効果も期待できます。
一番効率よくヤニ取りをする方法として、ホワイトニング治療を受ける方法が一般的です。審美歯科では専用のレーザーマシンを利用して色素汚れを分解し、その日のうちに元の自然な白さまで綺麗に仕上げることが出来るメリットがあります。保険診療外なので自費で支払いをする必要がありますが、セルフケアよりも負担が少なく効率よくホワイトニングケアが可能なので人気があります。
参照サイト